【中一数学】カッコを外して計算するってドユコト?

未分類

中学1年生の初めは(+2)+(+3)みたいな感じで計算していたと思います。で、今回はそのカッコを外して計算をしていく方法について解説しようと思います。

やり方(例題)

やり方はいたって簡単。

例えば(+4)+(+2)場合

(+)4+2と、カッコを外して数字についてないプラスを消すようにするだけす(足し算の場合は)

もう1つ例を出します

(+2)-(+3)

これは、普通に+2+3………

ではありません。引き算の場合符号じゃない方の?マイナス(引き算の役割があるマイナス)のあとの数字(この場合+3)が逆の符号になります。

つまり(+)2-3となり、計算すると-1になります。

やり方がわかっても自分で問題を解いて、感覚をつかまないと速く正確に計算ができないので

こっからは沢山例題出していきマース

次の問題のカッコを外しなさい。

例題1 

(+4)-(+3)

答えは…1です。−の場合−の後ろにある+3の符号を逆にしてカッコを外すので、

(+)4−3となって、答えは1となります。

ちなみにプラスをカッコで囲んでいる理由は、式の最初にあるプラスは必要ないからです。

[中一数学]正負の数とは – Firstund ここでも書いたように正の数は小学校で習ってきた数字と同じです。しかし、式の途中で書かないと34+5(本当は3と4の間にプラスがある)こんな感じで数字が変わってしまうので式の途中にあるプラスは消さないようにしましょう。じゃっ引き続き例題を解いていきましょう!

例題2

(+6)+(-4)

答えは…2です。これは、足し算なのでそのままかっこを外して計算するので、6−4となり、2になります。

例題3 

(-8)(-4)

答えは…−4です。これは、引き算なので引き算のマイナス(青いやつ)の後ろにある−4の符号が逆転して、+4にして、−8+4になり、−4になります。

例題4

(−12)−(+7)

答えは…−19です。これも、引き算なので+7の符号が逆転して、−7になるので、−12−7となり計算すると−19となります。

まとめ 

まぁとりあえず今回は、カッコを外して計算するという事について解説しました。

個人的に数学の勉強をするうえで大切だと思うことは、色々な例を見て、この場合はこうで、って感じで自分で感覚をつかむことだと思うのでいろいろな例題を見て比べながら考えて、感覚をつかむことをおススメします。

今まで中一の最初からしてきましたが。(してきましたがっていってもちょっとだけしかしてないやん…って思うかもしれませんがまぁそれは🤫)これからも最初から続けていくか、個人的に大事そうなところを解説するか迷っています。

どちらにするかわかりませんが、もし要望があればコメントに書いてください。(まぁほとんどこのサイト見られてないんだけどね…)

じゃあバイバーイ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました